お見合いで言ってはいけないNGワードとは?

お見合いに行ってみたものの、話す時にどのような内容の話題にしたら良いのかわからずに、盛り上がることができなかったという体験をしている人も多いのではないでしょうか。

直接会う前は楽しいものにしようと思うものの、実際に会ったら緊張してしまって、思うように会話することができなかったということもあるかもしれません。

そのような方に向けて、お見合いではどのような会話をしたら良いのかご紹介していきたいと思います。

また、どのような言葉はかけてはいけないのかということに関してもご紹介していきます。

お見合いですぐに使える会話のコツとは

女性は面白い会話ができる男性や、ユーモアのある男性に魅力を感じるものです。

実際に女性に好きな男性のタイプを聞いた時に、面白い人という返答が返ってきたことがある人も多いと思います。

ただ、自分は面白い会話ができないから・・・と諦めている人もいるかもしれません。

しかし、本当に諦める必要があるのかというとそんなことはありません。

それ以外にも女性との会話を楽しむ方法はありません。

それでは、どのようなテクニックを駆使すると女性と楽しく会話ができるのかについて、以下で詳しく見ていきましょう。

相手と自分の共通点は何かを考えて話す

異性との関係のみならず、相手と関係を気づく上では、共通点を探すことが効果的です。

趣味や、音楽、スポーツ、俳優、テレビ、漫画、本など、自分が好きなものと相手が好きなもので共通のものはないかを探すようにしましょう。

相手との共通点が見つかると、その分野で深い話をすることができるため、相手とつながる体験ができます。

人は誰しも自分が好きなものについて話をすることが好きです。

相手との共通点が見つかれば、お互いに楽しく会話することができるようになるのです。

とにかく相手の話に傾聴する

ほとんどの女性は話をすること自体が好きです。

そのため、自由に話をしてもらうことで、楽しいと思ってもらうことができます。しかし、ただ聞けばよいというものでもありません。

興味がなさそうに聞いていても、つまらないのではないかと心配をかけてしまい、悪い印象を持たれてしまう可能性があります。

そのため、適度に相槌を打ったり、感情豊かに聞いたりしてあげることで、満足してもらうことができます。

相手が楽しく話をできるように、サポートしてあげるような意識を持つと良いでしょう。

自分の話はほどほどにする

女性と話すことが楽しくて、ついつい自分のよいところや、過去のエピソードなどをたくさん話してしまう男性も多いです。

もちろん、そのようなことを話したくなる気持ちは分かりますが、そのように、自分のことを良く思ってほしいというところから話をしたくなったときこそ我慢するようにしましょう。

相手との関係性が深まって、そのような話を冗談めかして話せるようになったら良いと思いますが、そこまで関係が深くい場合は、まずは我慢して聞き役に徹するように心がけて下さい。

相手の褒めるポイントを見つける

女性によく思ってもらいたいときこそ、相手のよい点を褒めるようにしてください。

笑った顔が素敵な方であれば、笑顔を褒めるようにしましょう。

褒められること自体が嫌いな女性はまずいません。

恥ずかしさもあるかもしれませんが、相手に喜んでもらうために積極的に褒めると良いですよ。

ここまで楽しく会話をするためのテクニックについてご紹介してきました。

どれも高度なテクニックを必要とするものではありません。

相手の女性に喜んでもらうことができるように、積極的に取り組んでみてくださいね。

女性からの評価を下げないために覚えておくべきNGポイント

女性との会話の中では避けた方が良い話題や、話し方についてご紹介していきます。

相手の話を遮らない、受け入れる

男性は解決策をいおうとして、女性はただ聞いて欲しいと思っているといったことをきいたことがある人もいると思います。

女性が話す内容に対して、それを遮って自分の意見を言わないように気を付けましょう。

女性が話す内容のほとんどは、すでに本人の中で答えが決っていて、ただ聞いて欲しいだけのことが多いです。

そこに対して、それは違くて、こうした方がよいという意見をすると、女性からの評価は下がってしまいます。

相手が言うことを「そうだね。そうだね。」とそのまま受け入れるように意識しましょう。

相手の見た目ついては触れないようにする

女性との会話の中では相手のことを褒めることが大切だという話をしました。

ただ、なんでも褒めればよいというものでもありません。

女性の見た目に関することについては、自分が良いと思っても、触れないようにしておくことが大切です。

言葉上は褒められたとしても、相手がどう受け取るかはわかりません。

もしかしたら、バカにされているのではないかと感じてしまうこともあるのです。

自分の昔のパートナーについて話す

相手の女性から聞かれたのなら、過去の女性について話をすることも良いと思います。

ただ、聞かれてもいないのに過去の女性の話をするのは、よくありません。

相手は全く興味がないかもしれませんし、無駄な会話と思われてしまうことだってあります。

過去の話よりも、目の前にいる女性について、話をしてあげるようにしましょう。

愚痴を言う

会社や友達、人間関係などについての愚痴をこぼしてしまう人もいます。

しかし、そのような話はNGです。

女性との仲を深める大切な会話のなかではマイナスな話題は避けるようにしてくださいね。

その他

女性との会話の時に、その他にどのようなことに注意が必要か、ご紹介します。

代表的なNG表現としては、「要するに」、「それよりも」、「もっと」といったものがあります。

相手が話した内容を要約して、まとめようとしたり、それに対して意見を言おうとするのはNGです。

また、相手が言ったことに対して、さらに良い解決策があるというように提示するのもよくありません。

相手がいったことをそのまま受け入れるように心がけてください。

まとめ

ここまで、女性との会話のテクニックをご紹介してきました。

男性の多くは、面白くなければならない、トーク力をもっていなければならないなどと思ってしまいがちです。

でも、実際には、突出したトーク力は必要ありません。

女性が心地よく話をすることができるように、ポイントを抑えながら話をするだけでよいのです。

上記でご紹介した内容を注意して、会話を楽しんでみてください。

関連キーワード
こちらの記事もチェック
おすすめの記事