プロフィールで自分のことを知ってもらおう

婚活をするときに、相手を知るために大切になるのがプロフィールです。

相手のことを知るためだけではなく、自分のことを知ってもらうためにも必要なものです。

プロフィールの書き方というのは、一般的には決まっておりませんが、自分のことを相手に理解してもらうためにも効果的な書き方についてご紹介していきたいと思います。

プロフィールを魅力的な文章にするために、大切なポイントがあります。プロフィールには記入する項目がいくつかあります。

自分の名前や年齢、出身地、仕事内容、どんな性格なのか、休日には何をしているのかといったものがあると思います。

それぞれの項目について、詳しく丁寧に記載していくことは大前提として必要になります。

それに加えて、出会いの機会を増やしていくために、自分に興味を持ってもらったり、自分を魅力的な人に見せたりすることが大切になります。

そのために意識しておきたいポイントは、具体的に内容を記載することです。

出身地に関してだと、県名だけではなく、市区町村なども記載すると相手がその地域について知っている時に細かい共通の話題をもつことができます。

他にも出身大学を記載するのであれば、何学部、何学科といったところまで書いておくと、大学は違うとしても学部が一緒だったり、勉強していた内容が一緒だったりすることもあります。

そうすると、初対面だとしても何となく共感できる内容があるため、すぐに関係を深めやすくなります。

出身地や出身大学以外にも、趣味や休日の過ごし方、特技などは細かく書いておくことがポイントになります。

このような内容は個人的なことになるため、自分の個性として興味を持ってもらいやすいところです。できる限り詳しく書くようにしましょう。

例えば、代表的な内容として、趣味についてご紹介してみます。

多くの人は趣味がスポーツ、料理、音楽、映画などといったように書いていると思います。

しかし、それでは相手の興味をそこまで引くことはできません。

スポーツであれば、野球なのかサッカーなのかといった具体的なスポーツの競技内容について書きましょう。

野球だとしても高校野球なのか、プロ野球なのか、海外の野球なのかといったことを書いておくと分かりやすいです。

自分が野球部だったのであれば、その旨も書いておくとピンポイントで相手に伝わりやすくすることができるものです。

また、自分の印象を悪くしないためにも項目によって、注意した方がよいところもあります。

例えば、休日にどのように過ごしているのかについては注意すべき人もいるかもしれません。

よく、休日は家で寝ていると書く人もいますが、それでは相手から好印象を抱いてもらうことが難しくなる可能性があります。

よりよく書くためには、自宅でDVD鑑賞をしているとか、家にあるお気に入りのスピーカーで音楽を聞くことといったような内容の方がよいかもしれません。

ちなみに、好印象を与えるような休日の過ごし方としては、毎朝ランニングしているとか、毎週ジムに通っているといったアクティブな内容を書くと好印象を得やすいものです。

もちろん、嘘を書く必要はありませんが、女性に好印象を与えるような休日の過ごし方を習慣化してみるのも、これを機に始めてみたらよいかもしれません。

プロフィールの趣味などについて記載するときの注意点としては、人によっては悪い印象を抱くこともあるような趣味を書かないことです。

パチンコや喫煙といったことに関しては好みが分かれてしまうため、相手との関係が深まった上で話す方が身のためだと思います。

お互いのことを知ってきたなと思えるタイミングで、自分の趣味・嗜好を理解してもらえるように話すように意識しておきましょう。

上記でご紹介してきたように、プロフィールの各項目を記入する場合は、詳細に書くようにしましょう。

ときどき、書く内容があまり思いつかずに適当に書いて、詳しくはあった時に、といった表現で書いている人もいるようです。

しかし、それではプロフィールをみた人はあなたに対して良く思わない可能性が高くなります。

自分のことを会う前から知っておいてもらうためにも、プロフィールには細かく丁寧に記載するようにしましょう。

プロフィールを書くときのアドバイス

プロフィールを魅力的なものにするために、大切なポイントをまとめておきます。

丁寧な字を意識する

文字にはその人の心の状態が現れるとはよく言われたものです。

丁寧な字を書く人は丁寧な人だという印象を与えますし、結婚相談所などで手書きの文字を雑に書く場合は、どんな人が読んだとしても丁寧な字だと思われるような文字を意識して書くようにしましょう。

決してきれいではないとしても、その丁寧に書こうという気持ちが文字に現れるものなのです。

興味を持ってもらえるような言葉選びを意識する

ただ単に、趣味や特技を書くよりも、印象に残るようなことを書くことが重要です。

スポーツだとしたら、ゴルフやボーリングといった他の人が書かないようなことを書くと、自分のことを覚えてもらうことができます。

女性が好きなものを下調べした上で、自分が興味を持っていることを書いていくということもよいです。

家族関係、友人関係については詳しく分かりやすく書く

多くの人が適当に書いてしまいがちなところですが、家族や友人関係について細かく書いておくと、好印象を持ってもらえることが多いです。

なぜなら、それだけ周りの人達を大切にしている人だと思ってもらうことができるからです。

このことが大切だといえる理由は、女性がそのプロフィール情報を見たときに、自分のことも大切に思ってくれそうだと感じてくれるからです。

どんな女性でも自分のことを大切に思ってもらいたい気持ちがあるものです。

その気持ちを満足させてもらうことができそうだと思ってもらえれば、プロフィールを見てもらったときに好印象を与えることができるのです。

そこから実際に会ったときは事前情報なく出会うよりもはるかに人間関係を築きやすくなります。

プロフィールはコミュニケーション苦手な人を後押してくれるツール

プロフィールは、たかがプロフィールと思う人もいるかもしれませんが、侮ってはいけません。

コミュニケーションが苦手な人にとっては強力なツールになります。

婚活をするときには、コミュニケーション能力が重要になります。

自分のよいところや相手のよいところを知るには会話が必要になるからです。

しかし、婚活では誰しも失敗したくないという気持ちを持っているものです。

そこでプロフィールを適当に書いてしまうと、実際の自分よりも小さな人に見られることもあります。

本当はこんな長所があるのに、うまく伝えることができなかった、アピールすることができなかったということになりかねません。

したがって、たとえコミュニケーションを取ることが得意な人だとしても、自分のことを深く理解してもらうことができるようにするために、プロフィールを丁寧に書くことを心がけましょう。

上記でご紹介したような内容を参考にして、プロフィールを書いていただければ、女性から好印象を持ってもらった上で出会うことができるようになります。

相手のためでもありますが、何よりも自分のために、自分が婚活を成功させるために大切なポイントとなるため、プロフィールを綿密に作成するようにしましょう。

それがあなたの後悔のない婚活へと繋がります。

関連キーワード
こちらの記事もチェック
おすすめの記事